2015年07月05日

最近のお葬儀についてグチる

最近の依頼に直葬とか、炉前でとか随分増えている・・・・それは時代の流れで仕方ない

それだけではなく、合祀墓にお願いします・・・・
   送骨をしますので、お骨を入れるときだけでも拝んでください・・・・それも時代の流れで仕方ない

またそれを画期的な試みだとかチヤホヤする記事をアップしたり、
                 シェアしたりする馬鹿ヤローが増殖してる・・・・
くだらねぇ記事のシェア合戦うんざりだぜ。利権か・・・

車買えても、墓買えねー。親が死んでも葬式いらねー。葬儀まけろ、お布施まけろ・・・・

人の終わりにあわてて金の算段、涙一つ流せねーとは・・・・世の中腐ってる

人にやれって言われてから行動するのが、俺は大嫌れえだ。

自分だっていつ死ぬかわからない。与えられた命に限りが誰しもある。

俺は拝むのが仕事だから、目の前にお骨があれば、人に頼まれなくても手をあわせるし。

亡くなった人のためにできることなんて、なんもないけどさ、
新しく生まれ変わるそしてスタートきる故人様に対して、ぱっと身銭切れよと言いたい・・・・
俺は惚れた人に金使うの惜しくないけどね・・・・

自分を育て投資してくれた人とのお別れにケチっているような輩には
まちがいなく貧乏な来世が待っていますよと、御法話申し上げちゃうかも


葬儀社もいい人のフリした価格破壊やめましょう。
人の命には値段つけられないでしょう。
坊主の御布施はそもそもお気持ちでいいはず。
葬儀社がなんでお布施決められるんですか 

いつもいつもぶっちゃけたお話でおいくらでいいですよと気を遣っていうのもしんどくなってきた・・・・
御布施の値切り交渉やめてほしーな。値段なんかそもそもないんだからさ。

今世でおわりと思っている人が多いから、何もかもあきらめちゃってる。自分の人生も・・・・

葬儀を儀式とみてしまう現代の無常から、
葬儀が自分への投資とみてもらえるようになるまで一所懸命法話続けます

                                        愚坊主 拝



続きを読む


posted by 七沢観音寺 at 00:56| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月17日

七沢観音寺本堂で動物祈願を行いました

先日二件の動物祈願を執り行いました。

いずれもネットをみてお越しになられました。

最初の一件目は女の子のワンちゃんで、癌を患っておられました。

お嬢様の厄払い込みでお願いしますとのこと。

いろいろと症状によってその都度御祈祷方法を変えています。
今回の場合はご家族で人の祈願と愛犬の御祈祷なので、本尊護摩供でお堂にあがってもらい、お加持をもって祈願致しました。
昔から家庭の悪いところをペットが代表で身代りになるケースが非常に多いとされます。
こちらの家庭においても、リウマチを抱えている奥様がいらっしゃいました。
原因があって結果が生まれるとされますが、ご本人のお気持ちを考えると大変おつらいだろうなと思い、お節介かなと思いながらも、色々と調べたり、人からどのような祈祷方がよいのかを聞いてみたりしながら、自分も研鑽をつませて頂きました。
こういう場合、私はこっそりそのご家族の祈願も込めて、一緒に本尊にお願いしてしまいます。
良い報告が聞けるとよいのですが・・・・

二件目は結構厳しい内容なのと、ご本人のお心の安定度や不安感などもあるので、多くは控えたいと思いますが、フリーター生活でミュージシャン目指して日々頑張っておられる方のペットの祈願でした。
その方は結界をペットに張ってほしいともお願いされました。ペットをお連れできないので、写真に対して祈祷しました。

お節介な私はここでも頼まれてもいない祈願を本人が少しでも幸せになれますようにと静かにお祈り差し上げました。動物がきっかけでもいいので、お寺でお坊さんと一緒に伝統文化にふれながら、少しでも癒されて欲しいと思います。

世相とは申しますが、あまりにも現代社会は冷たい部分が多いので、動物を拠り所にしている若い人たちとお寺の距離が縮まるように努力していきたいと思います。
このところ七沢観音寺動物祈願にて平穏なお気持ちで接していると、願主が動物祈願の依頼をされても、実際の問題は別の次元のところにあることが、とても多いように思います。

ペット達は主人や飼い主のことをとても心配している瞳をしています。
それぞれの問題の本質が見えているのはペット達の方かもしれません。    南無馬頭観世音菩薩 合掌


posted by 七沢観音寺 at 00:13| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月08日

故人さまからご指名

私霊感商法大嫌いです。
自身は魂や霊魂の存在を信じていますが……
輪廻転生はもちろん仏教の観念上大事なことであると言い切ります。新興宗教は輪廻とか成仏とか既存の宗教のいいとこ取りして商いをしているので、宗教ではありません。


日本国家が商業ベースにある中で、一つの寺院の運営に携わることはとても心苦しい毎日です。それでも家族のために嫌な仕事をこなす現実があります。

本日は越谷のセレモニーに呼び出されてお通夜に行って参りました。
若いときは絶対に祈願だけで食べていったるとか、通夜葬儀なんぞ受けるものかとか、生涯独身僧侶を通すねんとか、真面目に考えておもいっきし、力んで生活しておりました。

その力みが抜けたのは、40過ぎてからです。
サラリーマン僧侶やったり、結婚したり、子供出来たりと全て思う方向性の逆を選択した時ばかり上手くいく人生なんです。

本日の故人さまは私と同い年。まだ小学生のお子さんを残され他界されました。

故人さまは去年私のお寺でご法事をされました。今月にはまた同じようにお父さんの法事のご予約をされておられました。連絡が取れないので霊園の所長に連絡をとってもらうことに……
なんとご急逝されたとの事。
葬儀は遠方なので、葬儀社が手配されたとの事。少し残念な気持ちでいました。

葬儀社は別会社に業務委託し、一件埼玉のお寺を断られて、間接的にその会社が私にお葬式の依頼をしてきました。

なんともややややややこしい一件です。まわりまわって、私の所、当七沢観音寺霊園のお客さんのお葬式が依頼された訳です。

びっくりしました。
その日は一日中ぞくぞくしましたが、法縁とか佛縁とか、一口では言い表せない程の縁を故人さまに感じてしまいました………合掌






posted by 七沢観音寺 at 22:36| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする